シーシャ機材の値段一覧とおすすめ紹介【個人から店舗用まで完全網羅】

「シーシャ機材を買いたい!でも値段はいくらくらいするんだろう?」

そのように思ったことはありませんか?

 

シーシャ機材はさまざなメーカーがいろいろな種類のものを発売しているので、値段のバラつきも大きいです。

 

  • 「値段が高いものが良いの?」
  • 「安いものだとあまり楽しめない?」
  • 「お店で出す用のシーシャを探しているけどどれくらいの値段のものが良い?」

 

シーシャ機材の値段と種類を紹介しながらそんな疑問にお答えしていきます。

 

自宅でシーシャを楽しみたい初心者の方も、シーシャ店を運営していてお店用のシーシャを探している方も、この記事を読めばどのシーシャを選べば良いかすぐにわかるようになります。

 

シーシャ機材の値段は?

シーシャ機材の値段はものによってまちまちです。

また、シーシャ機材と一括りにいっても「シーシャ本体」や「その他関連パーツ」とさまざまなものがあり、各パーツさまざまなメーカーから商品が発売されていて、値段の幅も大きいです。

 

今回はパーツごとにおおよそかかるシーシャ機材の値段を紹介します。

 

シーシャ本体

シーシャ本体は冷水を入れるボトルや煙を通すボディ、煙を吸うパイプが付いている、シーシャで一番メインのパーツになるものです。

シーシャ本体の値段はおおよそ¥13,000〜¥30,000ほどが相場になってきます。

よりクオリティの高いものを求めると5万円〜6万円かかるシーシャ本体も存在します。

 

安いものだと1万円を切るものも存在しますが、その価格帯になると品質の悪い粗悪品がとても多いのである程度しっかりしたシーシャを選びたい場合は1万円以上のもの、またお店で提供する場合は2万円以上のものを選んでいくのが良いです。

 

ボウル

ボウル(ハガル)は煙を楽しむためのフレーバーと呼ばれるタバコ葉を乗せて、シーシャ本体のトップ部分に装着するものです。

ボウルの値段はおおよそ¥2,000〜¥7,000ほどの幅です。

値段の違いはデザインだったり使用している素材の違いで決まります。

 

値段が高いものだと熱に強かったり、使用後の洗いやすさ、メンテナンスのしやすさを考慮して作られているものが多いです。

 

自宅で1台のみシーシャを購入して楽しみたい方は良いボウルを購入しても良いかもしれませんが、お店で提供する用のシーシャをお探しの場合は、大量に購入してしまうと金額がかなり上がってしまうので、ある程度しっかり使用できるボウルであれば¥2,000〜¥3,000台で問題はありません。

 

ヒートマネジメントシステム

ヒートマネジメントシステムはボウルの上に取り付けて、フレーバーに伝わる熱の量を簡単に調整することができる機材です。

このパーツは、シーシャを吸う上で必須ではないですが、あるととても便利なアイテムになります。

クオリティの高い煙を提供しなければいけないシーシャ店では必須のアイテムです。

シーシャマニアの中には使っているヒートマネジメントシステムを見て、お店のランクを値踏みする人もいるそうです。

 

値段はおおよそ¥3,000〜¥10,000と幅が大きいです。

金額に比例してわかりやすく機能の差が出てくるパーツなので、用意するのであればしっかりしたものを用意すると良いでしょう。

 

トータルでの値段は?

シーシャ機材の値段を解説する上で以下のパーツを紹介しました。

  • シーシャ本体
  • ボウル
  • ヒートマネジメントシステム

 

これらを全て揃えるとおおよそ3万円〜6万円ほどの金額になります。

細かいパーツよりも先に、1番メインになる、シーシャ本体から選んでいくとスムーズに残りのパーツを選べます。

 

あとは自分の用途と予算に合わせてどれほどのものを選んでいくのが良いか選定していくのが良いでしょう。

 

おすすめのシーシャ機材ランキングとそれぞれの値段

ここからはおすすめのシーシャ機材とその値段を紹介していきます。

今回ランキングで紹介するのはあくまでシーシャ本体のみとさせていただきます。

 

用途別でまとめているので是非自分に1番あったシーシャ機材を選んでください。

 

お店用でシーシャ機材を揃えたい!

シーシャ店用で機材を揃えるならそれなりのものを揃えないといけません。

かといって、大量に購入するものになるのでコスパも考えないといけないので難しい部分があります。

 

値段、品質を考慮して以下のトップ3をランキングに選びました。

  1. SHISHABUCKS CloudMini
  2. Oduman N3 Clear
  3. DSCHINNI SHISHA SET

 

1位、SHISABUCKS CloudMini

1位に紹介するのはSHISHABUCKS社から発売されているCloudMiniです。

人気インフルエンサーが使用したことで一気に人気が爆発した機材になります。

大きな特徴はモダンで都会的なデザインです。

カナダ発のブランドらしく、カナダの都会をイメージした見た目になっています。

 

ただおしゃれなだけでなく、冷水を入れるボトルの開口部が大きいので使い勝手が良く、メンテナンスもしやすいです。

 

煙の量が多いのも特徴で味も申し分ないです。

偽物が多く出回っていたり、人気高騰のため正規の値段で購入できないことが多いので注意が必要です。

 

Cyberchillでは正規の値段、¥29,800(税込)で提供させていただいます。

SHISHABUCKS CloudMiniの詳細はこちら

 

Oduman N3 Clear

次に紹介するのはOdumanのN3 Clearです。

トルコの老舗メーカーのOdumanは品質に定評があります。

その中でもN3 Clearは大きすぎず、かといって小すぎないちょうど良い大きさで、しっかりとした煙を楽しむことができます。

 

値段も¥24,850(税込)で、同クラスの他メーカーの機材と比べると手の届きやすい価格で大量に機材を購入する必要があるシーシャ店にとてもおすすめです。

 

どれにするか迷ったら、Oduman N3 Clearを選んでおけば間違いなしです。

Oduman N3 Clearの詳細はこちら

 

DSCHINNI SHISHA SET

最後に紹介するのは、ドイツのメーカーDSCHINNIから発売されているシーシャセットです。

大きな特徴はフルセットになっている点で、購入後好きなフレーバーを用意すればすぐにシーシャを楽しむことができます。

幻想的なステンレスガラスのデザインとカラーも特徴で複数のカラーバリエーションからお気に入りの一台を選ぶことができます。

 

「頑丈さ」「腐食のしにくくさ」「味の良さ」どれをとっても品質が高く、お店で出すのにも合格点のクオリティです。

 

それでいて値段は¥25,980(税込)とフルセットなことを考えたら圧倒的なコスパの良さです。

 

大量購入だけど、価格をなるべく抑えたい業者の方にとてもオススメする一台です。

DSCHINNI SHISHA SETの詳細はこちら

 

自宅でシーシャを楽しみたい初心者

シーシャの楽しみ方がわかり始めて、自宅でもシーシャを楽しみたい初心者には、購入のハードルがそこまで高くなく、かつ、しっかりとクオリティの高い煙を楽しむことができる機材をオススメします。

 

ランキングは以下の通りです。

  1. DSCHINNI SHISHA SET
  2. Oduman tank 
  3. Oduman N4 Midi

 

1位、DSCHINNI SHISHA SET

自宅シーシャを楽しみたい初心者に1番オススメするのはDSCHINNI SHISHA SETです。

こちらの機材は先程のランキングでもランクインしました。

初心者にオススメする理由はフルセットだからです。

 

どのパーツの何を選べば良いかまだしっかりとした知識がない初心者に取って、購入後すぐにシーシャを楽しむことができるフルセットはかなりありがたいポイントです。

 

値段も¥25,980(税込)とフルセットではかなり手頃な値段です。

 

  • 「気軽にすぐ自宅シーシャを始めたい」
  • 「何を選べば良いかわからないからフルセットで欲しい」

上記に当てはまる方はかなりオススメのセットです。

DSCHINNI SHISHA SETの詳細はこちら

 

2位、Oduman tank

次に紹介するのはOduman tankです。

持ち運びに良し、自宅で楽しんでもしっかり味を楽しめるちょうど良いサイズのシーシャ機材です。

Oduman tankの商品コンセプトが

「大型シーシャの機能を、持ち運び可能なサイズに」

なので、コンセプト通り、外でも家の中でもしっかりとした煙を求める方にはとてもオススメの機材になっています。

 

値段は¥21,800(税込)です。

価格も高すぎず、この性能のシーシャ機材の中ではかなりコスパの良いものです。

Oduman tankの詳細はこちら

 

3位、Oduman N4 midi

3位に紹介するのはOduman N4 midiです。

今まで紹介したOdumanの機材の中では比較的サイズが小さいもので、持ち運びに便利なシーシャになっています。

専用のキャリーバッグがついているのが特徴です。

また、シーシャ本体の底に設置するLEDライトも付属してくるのでオシャレにライトアップしてシーシャを楽しむことができます。

 

値段は¥17,980(税込)です。

比較的値段は抑え目なので、なるべく安い価格の自宅用シーシャを探している方にはオススメの一台です。

Oduman N4 midiの詳細はこちら

 

持ち運びに便利なシーシャが欲しい!

持ち運びに便利なシーシャ機材を選ぶには「コンパクトさ」と「頑丈さ」に注目して選んでいくと良い機材を選ぶことができます。

 

ランキングは以下の通りです。

  1. VZ Raido hookah
  2. NOMAD QUANTUM
  3. SHOSHABUCKS CloudTank

 

1位、VZ Raido hookah

1位に紹介するのはロシアのメーカー、VZ社が提供するRaido hookahです。

シャフトは折り畳み式で、さらに全ての部品を分解することができるので持ち運びに便利です。

大きな特徴はシーシャボディの素材です。

ステンレスを使用し、かなり頑丈な素材なので、あらゆる場所に持ち運びをしても壊れる心配がありません。

 

川や山のキャンプなど、外でたくさんシーシャを使用したい方にとってはとても安心できるシーシャ機材と言えます。

 

値段は¥33,000(税込)です。

VZ Raido hookahの詳細はこちら

 

2位、NOMAD QUANTUM

次に紹介するのはNOMAD QUANTUMです。

とてもコンパクトで持ち運びに便利です。

大きな特徴はおしゃれなデザインと豊富なカラーバリエーションです。

5色の中から自分のお気に入りを選ぶことができ、さらにおしゃれなマウスピースが付属でついてくるのが嬉しいポイントです。

 

自宅のインテリアとして飾っても違和感なく設置することができます。

スタイリッシュにシーシャを持ち運びたい方にはとてもオススメです。

 

値段は¥23,980(税込)です。

NOMAD QUANTUMの詳細はこちら

 

3位、SHISHABUCKS CloudTank

最後に紹介するにはSHISHABUCKSのエントリーモデル、CloudTankです。

SHISHABUCKSの中で1番小さいモデルで、持ち運びにとても便利です。

大きな特徴はメンテナンスのしやすさで、ほかのSHISHABUCKSのモデルと同様に、冷水を入れる開口部が非常に広いため、清掃に便利です。

 

また、素材も清掃に便利なものを使用しているため、ぬるま湯と石鹸で用意に清掃をすることができます。

 

値段は¥14,980(税込)とかなりお手頃な価格となっているため、なるべく安い持ち運びシーシャを求めている人にもオススメの一台になっています。

SHISHABUCKS CloudTankの詳細はこちら

 

まとめ

今回はシーシャ機材の値段と用途別のおすすめランキングを紹介しました。

大まかな予算としてシーシャ本体の機材は¥15,000〜¥30,000ほどを見ておけば間違いないでしょう。

 

さまざまなメーカーからいろいろな機材が発売されていますが、1番は自分の用途にあった機材を選んでいくのが大事です。

 

例えば自宅で気軽にシーシャを楽しみたい人と、シーシャ店を経営していている人では、必要な機材のスペックも変わってきます。

 

価格や機能、大きさもまちまちになってくるのでまずは自分のシーシャを楽しむ用途、目的をハッキリさせると良いでしょう。

 

是非今回のランキングを参考にして、自分にピッタリなシーシャ機材を選んでいただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA