【シーシャ通好み】Alpha Hookah(アルファフーカ)の魅力とは?

Alpha Hookah(アルファフーカ)というシーシャメーカーをご存知でしょうか?

ロシア産のメーカーで、日本では見る機会が少ない珍しいシーシャブランドです。

 

しかし、ヨーロッパでは大人気のメーカーで、日本国内でも「本物志向」「高級志向」のシーシャ店ではたびたび置いてあるのを目にします。

 

今回はそんな本物のシーシャ好きにオススメのAlpha Hookah(アルファフーカ)の魅力や特徴を紹介していきます。

 

Alpha Hookah(アルファフーカ)とは?

Alpha Hookah(アルファフーカ)はロシア産のシーシャブランドです。

実はロシアはかなりのシーシャ大国で、「1家庭に1台シーシャがある」と言われております。

 

全体的にロシア産のシーシャは質実剛健な丈夫な作りであることが特徴で、爆煙仕様のシーシャ中級者以上向けの商品ラインナップが多いです。

 

Alpha Hookah(アルファフーカ)も例に漏れず、丈夫な作りでかつ、目を引くような美しいデザインが特徴です。

 

シーシャを吸いに店を訪れて、提供しているシーシャ台がAlpha Hookah(アルファフーカ)だった場合

 

「お!ここは本格的なお店だな」

 

とシーシャ通からは思われる様なブランドになっています。

 

実際にAlpha Hookah(アルファフーカ)は、東欧やヨーロッパのシーシャ店の中でも比較的高級志向のお店で出されています。

 

Alpha Hookah(アルファフーカ)の特徴は?

Alpha Hookah(アルファフーカ)の特徴は主に以下の3つがあげられます。

 

  • 100%ステンレス製の丈夫な作り
  • ホースとステムの接続部分がマグネットになっており、使いやすい
  • 特徴的なデザイン

 

特徴1:100%ステンレス製の丈夫な作り

Alpha Hookah(アルファフーカ)の全てのパーツはステンレス製です。

全ての製品においてステンレスはかなり便利な鉄素材です。

一般的なシーシャ製品で使われるアルミ素材に比べると、圧倒的に錆びづらく

 

  • 耐食性
  • 耐熱性
  • 加工性
  • 強度

 

全ての面で優れた性能をもちます。

 

そんなステンレスを全ての鉄パーツで贅沢に使用しているため、丈夫で長持ちしやすいシーシャ本体となっています。

 

特徴2:ホースとステムの接続部分がマグネットになっている

Alpha Hookah(アルファフーカ)はホースとステムの接続部分が他のシーシャブランドと比べると少し特殊です。

一般的なシーシャメーカーの場合、ホースとステムの接続は

  • 強く差し込む
  • ネジの様に回す

などの方法があげられます。

 

しかしAlpha Hookah(アルファフーカ)はホースとステムの接続部分に磁力があり、マグネットのようにくっつくので取り付け、取り外しが非常に容易です。

 

懸念点として、長年使用していると、だんだん磁力が弱くなってくるので、磁力が弱くなったと感じたらホースについているコネクター部分のみ買い換える必要が出てきます。

 

特徴3:特徴的なデザイン

Alpha Hookah(アルファフーカ)は非常に美しく、洗練された見た目をしています。

筆者が特に注目しているのはカラーバリエーションの豊富さです。

かなりの種類の色が展開されていて、自分の個性を出しやすいのが魅力です。

 

またAlpha Hookah(アルファフーカ)の特徴として余計な煙を排出する排出口の穴の数が通常のシーシャと比べてかなり多いです。

 

そのため、シーシャを楽しんでいるときに、定期的にパイプを吹いて煙を吐き出す作業をすると、かなり幻想的な雰囲気で排出口から煙が噴き出るので、見ていて非常に楽しむことができます。

 

Alpha Hookah(アルファフーカ)の吸いごごちは?

Alpha Hookah(アルファフーカ)のシーシャはどのモデルでも全体的に非常に滑らかで繊細な煙なのが特徴です。

 

目を閉じて集中して吸うと、煙の細かい粒子一つ一つが舌で感じられるほど繊細な煙をしています。

 

そのため、甘めでしっかりとした味わいのフレーバーと非常に相性が良いと感じます。

 

繊細な煙かつ、かなり煙が密閉された作りをしているため、煙の吸いごごちが比較的軽めです。

 

重めの煙に慣れている人にとっては、もしかしたらかなり軽く感じる部分があるかもしれません。

 

もし、煙が軽すぎると感じる場合、ボウルに巻くアルミホイルの穴の数を少なくする、小さくするなどの調整を加えることで好みの吸いごごちに近づくようになります。

 

Alpha Hookah(アルファフーカ)の価格は?

Alpha Hookah(アルファフーカ)のシーシャ本体価格はエントリーモデルで2万円後半から3万円前後、高いものだと3万円〜5万円ほどの価格になります。

 

全体的に小型のモデルが多いですが、同じサイズの他メーカーから販売されているモデルと比較すると若干高めの価格設定になっています。

 

その分、他のメーカーでは味わえない繊細な煙を味わうことができるのでおすすめです。

 

ここからはAlpha Hookah(アルファフーカ)のラインナップモデルを簡単に紹介します。

 

MODEL KAPPA

BEAT

MODEL X

MODEL S

 

まとめ

今回はAlpha Hookah(アルファフーカ)の紹介をしました。

 

  • 滑らかで繊細な煙を楽しみたい
  • シーシャ中級者以上で本格的な煙を楽しみたい
  • ほかの自宅用シーシャでは満足できなくなってきた
  • 本格志向のシーシャ屋を経営している
  • お店のブランディング的に、高級な機材を置きたい

 

その様に考えている人にとってはとてもぴったりなシーシャブランドと言えます。

 

他のメーカーにも言えることですが、最近は円安の影響で以前よりも価格が上がっています。

逆にいうとその分希少性も高まっていると言えます。

 

「本物のためのシーシャが欲しい」

そんな人のためのシーシャブランドです。

 

弊社Cyberchillでは、Alpha Hookah(アルファフーカ)などの日本国内ではなかなか手に入れることができない希少性の高いシーシャブランドの輸入代行を行っています。

 

  • 高品質なものを
  • 正規の価格で

 

この2点をモットーに多くのシーシャ店や個人の方にシーシャ機材をお届けしています。

 

サイト内に表示されていないAlpha Hookah(アルファフーカ)などのメーカーも、希望がございましたら対応いたしますのでまずはお気軽に公式LINEからご登録をお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA