【シーシャ専門店が解説】シーシャ(水タバコ)の有害性と身体的なメリットに関して徹底解説

若者を中心に流行っているシーシャ(水タバコ)ですが、身体に害がないかを心配する方も多いです。

 

近年では世界的な健康ブームの後押しもあり、紙巻きタバコを吸える場所がどんどんと少なくなっています。

“タバコ”という言葉のイメージも、健康に良くないマイナスのイメージで捉えられがちです。

 

シーシャも、別名水タバコと呼ばれ、”タバコ”という単語がついています。

さらに、あくまでタバコ葉を燃やして煙を吸うという行為は変わらないので

 

  • 「健康に害はないのか?」
  • 「なんとなく心配…」

 

といった声があがるのも理解できます。

 

今回は、そんなシーシャ(水タバコ)の害や身体的な影響について解説していきます。

 

シーシャ(水タバコ)の害について

結論からいうと、シーシャ(水タバコ)は微量ながら身体的に害はあります。

タバコ葉を燃やして煙を吸っているという点で、少なからずニコチンなどの有害物質を身体に吸収しているためです。

 

しかし、タバコのように、直接煙を燃やして吸引しているのではなく、シーシャ(水タバコ)の場合は水で煙がろ過されて吸引されます。

水を通すためタバコ葉に含まれる有害物質はかなり落とされます。

 

また、シーシャ(水タバコ)は煙を肺に入れずに、ふかして吸う楽しみ方がメジャーです。

そのため体内に吸収されるニコチンの量も、肺に入れるよりも抑えることができます。

 

その結果、通常の紙巻きタバコと比べると、かなり害は少ないほうといえるでしょう。

 

しかし、微量ながらニコチンと煙を吸引する形になるので、以下二つの身体的な害があげられます。

 

  • ニコチン中毒
  • 一酸化炭素中毒

 

シーシャの害1:ニコチン中毒

ニコチンには依存性があります。

あなたの周りにも、日常的にタバコを吸っていて、辞めたいと思っていてもなかなか辞められないという人がいるでしょう。

 

シーシャ(水タバコ)でニコチンにかなり依存してしまう可能性は限りなく低いですが、少なからずニコチン依存になる可能性はあります。

 

また、ニコチンの作用により、血管が収縮されて血圧が一時的に上昇することがあります。

そうなると、車酔いのように、頭がクラクラしてしまい、気分を悪くしてしまう人も一定数います。

 

通称「ヤニクラ」と呼ばれる現象です。

 

ヤニクラについての詳しい記事はこちら

 

シーシャの害2:一酸化炭素中毒

シーシャの煙に含まれる一酸化炭素の影響で、身体が酸欠状態になることがあります。

脳は、酸欠状態を感知すると、体内に空気を多く送り込もうとして一時的に脈拍をあげます。

 

その結果、動悸や息切れなどを感じることがあります。

この現象は、身体に少なからず負担をかけることになります。

 

しばらく休んでしまえば大したことではないですが、何度も繰り返してしまうと身体的に害となります。

 

シーシャ(水タバコ)の身体的なメリット

シーシャ(水タバコ)には、害だけでなく身体的なメリットもいくつか存在します。

 

すぐに感じられる効果としては以下の二つがあげられます。

 

  • リラックス効果
  • 集中力の増加

シーシャ(水タバコ)のメリット1:リラックス効果

シーシャの本来の楽しみ方はフレーバーと呼ばれるシーシャ用のタバコ葉の香りを楽しむことです。

 

そしてその香りには一種のアロマセラピーのような効果を発揮します。

それにより、ゆったり落ち着いた気持ちになることが多いです。

 

良くシーシャをでリラックスすることを「チル」「チルってる」などと表現しますが、それはまさにシーシャのアロマセラピー効果と言えます。

 

ソファなどでリラックスしながらシーシャを楽しむことで、身体がソファに溶けて沈んでいくようなリラックス感覚を味わえます。

 

シーシャ(水タバコ)のメリット2:集中力の増加

上記のリラックス効果に関連したような内容ですが、シーシャの作用によりリラックスした状態になると雑念などが消えて頭がスッキリした状態になります。

 

イメージでいうと、サウナや温泉に入ったときのような感覚で、一つのことにフォーカスできたり、深い考えごとができるようになります。

 

その結果いつもよりも集中力が増したように感じられます。

実際、シーシャ屋にノートパソコンを持ち込んで仕事をしている人はかなり多くいます。

 

特にクリエイティブな発想力が求められる作業とかなり相性が良いと言えます。

 

なるべくシーシャ(水タバコ)の害を抑えて楽しむ方法

ここまでシーシャ(水タバコ)の身体的な害やメリットについて解説してきましたが、「なるべく害を抑えてメリットだけ味わいたい」なんて人がいるかもしれません。

 

そのような場合、フレーバーにノンニコチンノンタールのものを使用することをオススメします。

 

通常、シーシャ用のフレーバーはタバコ葉とシロップなどを混ぜて作成されていますが、ノンニコチンノンタールのフレーバーの場合、タバコ葉の代わりに、サトウキビの葉や紅茶葉を使用しています。

 

それにより、もちろんニコチンやタールはゼロなので、ニコチンによる身体的なデメリットを最大限おさえることができます。

軽い吸いごごちで、初心者の人にもオススメなので、「なるべく気軽にシーシャを楽しみたい」という人は是非チャレンジしてみてください。

 

ノンニコチンノンタールフレーバーのオススメはこちらの記事から

 

まとめ

今回はシーシャ(水タバコ)の身体的な害について解説しました。

 

まとめると、害が無いわけではないが、通常の紙巻きタバコと比べると限りなく少ないといえます。

 

ノンニコチンノンタールのフレーバーを使用すればさらに害を抑えることができます。

 

身体的な害はかなり少ないので、タバコは吸わないけどシーシャは吸うという人もかなり増えてきそうですね。

 

是非今回の記事を参考に、安全に楽しくシーシャライフを始めてもらえると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA