【一生モノと呼べるシーシャ】Blade Hoookah(ブレードフーカ)のご紹介

Blade Hookah(ブレードフーカ)というシーシャブランドを聞いたことがあるでしょうか?

シーシャ大国、ロシア産のシーシャブランドで、高品質、高機能、そして所有感を圧倒的に満たす洗練されたデザインのシーシャです。

 

日本では滅多に見ることはなく、置いてあるだけで「ここのシーシャ屋は違うな」と思わせることができるようなシーシャブランドです。

 

日本語の情報もほとんどない状況なので、導入を検討されているシーシャ店も手を出しづらい状況があるかと思います。

 

今回はそんなBlade Hookah(ブレードフーカ)の特徴や魅力について紹介していきます。

 

Blade Hookah(ブレードフーカ)とは?

Blade Hookah(ブレードフーカ)は先ほど紹介した通り、ロシア産の高級シーシャです。

一般的なシーシャメーカーと比べて若干価格は高めな分、使われている素材が高品質のモノだったり、本来別売りで購入するような拡張パーツが標準装備だったりします。

 

日本では滅多に見ることがないブランドですが、ロシア本国では人気で、公式インスタグラムのアカウントフォロワーは1.5万人を誇ります。

 

Blade Hookah(ブレードフーカ)の特徴は?

Blade Hookah(ブレードフーカ)の特徴は主に以下の3つがあげられます。

 

  • 洗練された見た目、高級感のあるデザイン
  • 機能性に優れた付属品の充実度
  • シーシャ本体以外の各種パーツも豊富に取り揃えたラインナップ

 

特徴1:洗練された見た目、高級感のあるデザイン

Blade Hookah(ブレードフーカ)の最大の特徴は、その高級感のある見た目と言えます。

「一生モノのシーシャ」と称しても良いくらい、ゴージャスなデザインで、所有していることの満足感を十分に満たしてくれます。

部屋や机に置いているだけで圧倒的な存在感を放ち、空間に彩りを加えてくれます。

 

この高級感は、Blade Hookah(ブレードフーカ)に使用されている素材が要因と言えます。

Blade Hookah(ブレードフーカ)は金属のパーツにチタンを採用しています。

 

チタンは数ある貴金属の中でも、最高レベルの耐食性能を持ちます。

その耐食性能はプラチナと同等と言われています。

 

また、他の貴金属と比べて熱にもかなり強く、シーシャのパーツとして使用するのにこの上ない素材です。

 

その分希少性も高く、価格が上がりやすいパーツですが、だからこそチタンが使われているシーシャは唯一無二の輝き、存在感を誇ります。

 

特徴2:機能性に優れた付属品の充実度

Blade Hookah(ブレードフーカ)は、標準でついてくるパーツの機能がかなり充実しています。

 

例えば、通常別売りで購入するシロップキャッチャーというパーツが標準で装備されています。

このパーツがあることによって、シロップが多めのフレーバーを使用しても、ステムからボトルへシロップが落ちたり、フレーバーの葉が落ちたりすることがありません。

 

また、ディフェーザー部分を回して固さを調整することができるため、自分好みの吸いごごちに簡単に調整することができます。

さらに、アッシュトレイの上に置く、専用の金属パーツも付属品としてついてきます。

この上に炭を置くことで、普通にアッシュトレイの上に置くよりも炭の熱を損なわずにいることができるので、炭が長持ちしやすいです。

 

このようにさまざまな高機能が標準で付いているのが非常に魅力的と言えます。

 

特徴3:シーシャ本体以外のパーツも豊富に取り揃えている

Blade Hookah(ブレードフーカ)はシーシャ本体以外にも関連パーツを豊富に取り揃えています。

 

例えば

  • トング
  • フォーク
  • 炭の風除け風防

などがあります。

またそれらのパーツも、シーシャ本体と同様にチタンが使われているものがあり、シーシャ本体と同等の高級感を放ちます。

 

シーシャ本体と合わせて、関連パーツもBlade Hookah(ブレードフーカ)のモノで取り揃えることによって、上質な喫煙空間を演出することが可能です。

 

Blade Hookah(ブレードフーカ)の吸いごごちは?

Blade Hookah(ブレードフーカ)の喫煙体験は、「重厚感のある煙」というのが第一印象です。

 

濃厚で煙が塊としてまとまっているのがとても印象的です。

 

吸いごごちが重いわけでもなく、軽いわけでもなく、ちょうどよい吸いごごちなのですが、煙の重厚感がかなりあり、少し比喩的な表現をすると「口の中が煙の塊で襲われている」ような印象でした。

 

個人的な印象としてはチョコ系や、キャラメル系の少しビターで甘いフレーバーとものすごく相性が良いと感じました。

 

口の中にすごく味が残るような印象なので、爽やか系のフレーバーよりも味をしっかりと感じたいフレーバーだととても楽しめそうです。

 

また吸いの重さに関しては、元々の調整はかなり絶妙なんですが、「もう少し重くしたい」もしくは「軽くしたい」と思う場合は、先述した通り、ディフェーザー部分を回して固さを調整することで吸いごごちを自在に調整することが可能です。

 

Blade Hookah(ブレードフーカ)の価格は?

Blade Hookah(ブレードフーカ)を現在日本で販売する場合の相場は6万円〜9万円ほどです。

 

シーシャ本体の中では比較的高価な部類に入ります、価格に納得できるほどの高級感、機能、存在感があります。

 

まずはフラッフシップモデルのBlade One Mから試すのが無難です。

こちらのモデルに今回紹介したBlade Hookah(ブレードフーカ)の魅力が全て詰まっています。

 

まとめ

今回は日本ではかなり珍しいシーシャブランド、Blade Hookah(ブレードフーカ)の紹介をしました。

 

Blade Hookah(ブレードフーカ)はシーシャ通の中でも知っている人が少ないと思われます。

だからこそ、お店に置いていると必ず目につきますし、Blade Hookah(ブレードフーカ)の魅力をサラッと紹介できるだけで、他店との差別化になります。

 

弊社Cyberchillでも、通常時はBlade Hookah(ブレードフーカ)を仕入れてはいませんが、今回の記事を読んで要望がある場合、対応することが可能です。

 

またBlade Hookah(ブレードフーカ)以外にも豊富なラインナップを取り揃えていますので、ぜひ一度、弊社公式LINEよりお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA